家電の中のエアコンについて

家電の中のエアコンについて

家電の中のエアコンについて 夏になると、どこの地域が最高気温を更新したなどというニュースをよく聞きます。30度を超えるのは当たり前で、35度を超えている地域も多いです。そのため、熱中症などで搬送される人も昔よりも多くなっています。真夏ではない六月の運動会でも小学生などが搬送されたと聞くこともあります。昔よりも学校側も水分補給に気をつけていますが、熱中症の患者がどんどん増えています。患者は子供や高齢者の人が多いです。そして、熱中症になるのは家の外だけではなく、家の中で起きることも多いです。熱中症にならないためにはある程度の気温になると、エアコンをかけたほうがいいです。設定温度を低くすると、環境にもよくない上に、体にも悪いです。そのため、28度くらいに設定します。

家電の中で、エアコンは電気代が高いというイメージですが、10年前と比べて電気代が半額くらいになっています。そして、最新のエアコンにはいろいろな機能がついているのでとても便利です。まず、エアコンの面倒なところがフィルター掃除です。埃がたまると、涼しくなりにくかったり、あまり喉にも良くないです。しかし、最近は自動フィルター掃除機能がついている為、掃除が不要です。エアコンを切った後にフィルターを掃除してくれます。そして、人がいるところを感知して涼しくしてくれる人感センサーがあります。暑い時は人を感知してそこに向かって涼しい風を送ってくれます。反対に直接風があたるのが苦手だという女の人には、人を避けて部屋を涼しくすることも出来ます。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2022家電の中のエアコンについて.All rights reserved.